政策・公約

【島村きよみがこれから提案したいこと】

【子ども・子育て】

 ・保護者のニーズに合った放課後子ども対策の実施

 ・子育てコーディネーターによる、生まれた時からの継続支援。

 ・市に政策を提案する「子ども会議」の常設 

【福祉】

 ・「人にやさしいまちづくり計画」の実現 バリアフリーのまちづくりの徹底

 ・事業者、NPOとともに、要支援1、2の方へのサービスを充実。

     ・各地域で「地域福祉」の核となるコミュニティ・ソーシャルワーカーの 配置。

  ・各地の公民館、集会所での「ロコモ体操」と介護予防運動器具巡回指導。

  ・買い物に出にくい方へのサポートシステムづくり。

 ・通院の足などの確保のため、デマンド交通(乗合タクシー)の実施 

【健康】

 ・アレルギーを持つ子・人への支援。学習の機会の創出

 ・心の病を持つ人へのサポートを強化            

【教育】 

 ・地域住民が関わる、日進型「コミュニティ・スクール」の導入

 ・ひとりひとりに目が届く少人数学級の実施。

 ・どの子も地域で学べる機会を増やす「統合教育」の推進。

 ・作業・理学療法士やスクールソーシャルワーカーが、市内全小中学校に

   関われる体制づくり。 

【環境】 

 ・環境団体が協力して実践する「環境まちづくりプロジェクト」

 ・市民団体・大学・行政が連携して進めるESD(環境・人権・平和)教育

 ・天白川をきれいに!生活排水対策の徹底

 ・東部丘陵を市民の憩いの場に 

【文化】

 ・遠方の学校・地域への「出前図書館」

 ・子どもたちに質の高い演劇・音楽文化に触れる機会を増やす。 

【市民参画】

 ・抽出市民による「テーマ別市民会議」の開催。

 ・若者、NPO、コミュニティからの政策提案を支援するシステムをつくる。

 ・団塊の世代の知恵と経験を生かす、ボランティアポイント制度の拡充。 

【男女平等・女性支援】 

 ・広域での「男女平等センター」の開設

 ・性暴力、DVへの周知、対策の強化

 ・セクシャルマイノリティ(性的少数者)に配慮した施策     

【平和・人権】

 ・市民協働で「日進市平和都市宣言」をつくる。 

【防災】 

 ・各地域での「災害時要援護者のサポートマップ」づくりを支援

 ・若い世代の「災害ボランティアコーディネーター」の育成

 ・自主防災会同士が情報共有できる場づくり 

【行財政改革】

 ・たらい回しのないワンストップサービスの実施。

 ・予算をつくる過程を市民に公開する。

 ・随意契約の徹底見直し

 ・税金のムダ使いは許さない 監査体制の改善 

【議会改革】

 ・議会として市民からの提案を受け付け、議員間で討議して市に提案する。 

 ・担当委員会で年間テーマを設定、市民との意見交換の場もつくる。

 ・会派制中心の議会運営を廃止し、議員全員で議論して進める形式にする。