プロフィール

島村きよみのこれまでの歩み
島村きよみがいったい何をしてきて、どんなことを考えてきたのかをご紹介します。

1984
念願かなって小学校教諭に。
学級、部活、児童会の指導に燃える日々。
わたしの原点です。

1990
結婚→ 夫の海外転勤に伴い、アメリカのケンタッキー州へ。
エリザベスタウン日本人補習校に勤務するかたわら
ウェスタン・ケンタッキー大学修士課程で一般教育を学ぶ。

1993
家族が倍になって帰国。年子(としご)2人の子育てに専念。
孤独になりがちな毎日に、ネットワークづくりの大切さを強く感じる。

1995
地域の子育て仲間と育児サークルを立ち上げる。
市内育児サークルの情報交換の場「子育て交流会」に関わり
講演会などイベント開催のスタッフとして活動。春日井の幼稚園にて
園児向けの国際理解の時間を担当。

1996
第3子出産。子育て情報新聞の編集スタッフに。赤ちゃん連れでどこへでも取材
に出かけ、市内で活躍する様々な人たちに出会う。日進が元気なまちだということを実感。

1998
家事と子育てをしながら勉強を続け、行政書士に合格!日々のくらしが法律で守られていることを理解。

2002
子育て世代の立場から、「日進市環境基本計画」の策定委員となる。『遊びと学び』分科会で会議を重ね、「感性を磨く環境教育とは?」と考える日々。環境まちづくりは自然保護だけではなく、まちなみの整備やコミュニティのつながりも考えることが大切だとわかってきた。

2003
10年ぶりに小学校教諭として相野山小学校の現場へ!

「にっしんこどもプロジェクト」の
大人サポーターとしても、小学生と関わる。
2004
「あいちグリーンマップメーカー」となり、仲間ともに市内全域を歩き、「にっしんグリーンマップ」を作成。各地域の特色をこの目で確かめ、「このまちで大切に残したいもの」がはっきりとしてくる。

2006
今、自分にできることはなにか。子どもたちが誇りに思うまちづくりの実現に力を尽くそうと決意。市政の場へ!

2007

日進市議会議員に当選

2011

日進市議会議員に再選

2015

日進市議会議員に三選

関連リンク

その他のリンクはこちら